就活 説明会 / インターン

【徹底解説】TECH-BASE(テックベース)の内容や評判をまとめてみた【プログラミングインターン】

これはこの記事のイメージ画像です。

 

最近話題の【TECH-BASEのプログラミングインターン】って、どんな内容なんだろう...?
プログラミング未経験でも参加して大丈夫なのかな...?

 

今回はこんな悩みを解決するため、「TECH-BASE」プログラミングインターンの内容やメリット・デメリットなどを解説します。

 

この記事の内容

・インターンの内容
・身に付くスキルや参加特典
・参加してみた感想
・メリットとデメリット

この記事の信頼性

・大学3年次にTECH-BASEのプログラミングインターンに参加し、このインターンを通して4社のIT企業から内定を頂きました。

 

僕も【TECH-BASEのプログラミングインターン】の卒業生なので、参加した経験を基に分かりやすく徹底解説します。

 

やまぐ
さっそく見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

🔻 画像をクリックすると登録できます。

🔻OfferBoxって?

【1】利用学生数16.5万人以上(※2020年6月現在・2021年卒/2022年卒 合算)
→就活生の3人に1人が登録!

【2】新卒オファー型就活サイト<3年連続>学生利用率No.1

【3】利用企業数 6,490社以上(2020年6月時点の実績)
→大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)などが利用!

【4】学生のオファー受信率93.6%(プロフィール入力率80%以上・2020年卒・2019年5月時点の実績)

\ あなたに合った企業が見つかる /

新規登録はこちら

 

 

TECH-BASE (テックベース)」とは

 

まずはTECH-BASEを知らない人もいると思うので、簡単に説明します。
※ホームページで直接確認したい方はこちらをご覧ください。

TECH-BASEとは 🔻

シンクトワイス株式会社 が運営する「就活学生のためのオンライン無料プログラミング・インターン」です。

 

これからプログラミングを勉強したい学生・IT業界への就職を考えている学生向けの完全無料のインターンなんです。すでに約5000名の卒業生がいるそう。

IT業界の需要が高まってきているなか、無料でプログラミングが学べるなんてありがたいインターンですよね。

 

 

TECH-BASE(テックベース) の内容

 

インターンの流れ

 

簡単にインターンの流れを紹介すると、以下のような感じです。

1.まずガイダンスに参加。(定期開催)

2.約2か月間のオンラインインターン開始
在宅型インターンなので基本は自宅で作業を進められます。2か月間の間に、スタートアップ研修・フォローアップ研修・修了式の3回のイベントに出席する必要があります。)

3.インターンのカリキュラム(ミッション)を最後まで終えた方のみ就活サポートが付く

 

注意ポイント

参加にはノートパソコンが必要です。※貸出等はないので持っていない方は自分で用意する必要があります。

 

インターンの詳細内容

 

内容➀ : 簡易掲示板の制作

 

約2か月間にわたり、5~6人のチームで簡易掲示板を制作します。

与えられた課題(ミッション)を順にクリアしていく形で進められ、ゲーム感覚のような感じで取り組むことができます。

使用する言語 🔻

・PHP
・MySQL
・HTML

 

最後の修了式では、2か月間のチームや個人での活動や功績を基に、優勝チームやMVPを決定します。

PHPが分かっている方であれば、難しい内容ではありませんが、プログラミング自体全くやったことがない完全初心者には結構難しい内容になっています。

 

やまぐ
僕も完全初心者から参加したので、プログラミングの考え方やPHPの書き方に慣れるまでかなりの時間がかかりました。

 

でも安心してください。

テックベースにはメンターと呼ばれるプログラミングの先生のような存在がいて、質問や相談などにLINEでいつでも対応してくれるので、初心者にも優しく教えてくれます。さらに、メンタンというLINEのチャットボットが24時間対応してくれるため、ミッションに躓いたときは、いつでもヒントを貰うことができます。

チームは初心者から経験者まで、バランスよく組まれるようになっています。メンバーとはほぼ毎日連絡を取りますが、2か月間しっかり連絡や報告を継続するのは意外と大変です。

 

内容② : オリジナルポートフォリオ制作

 

期間内に掲示板制作のミッションを終えることができたチームは、オリジナルのポートフォリオを制作することができます。

ポートフォリオを制作するにあたって、決められたルールは特にないので、自分の思い描いたものを制作できますが、それなりのスキルが必要になります。

※自分が参加した回では、半分以上の人がポートフォリオ作成・完成までは到達していませんでした。

 

内容③ : その他

 

毎日のチーム連絡(進行具合や疑問点などを共有・発信する日報や週報)に加え、チームメンバーには一人ひとりの役割が与えられます。

役割はリーダーやサブリーダー、課題解決係やモチベーターなど様々です。(ちなみに僕はリーダーでした。)オンラインとはいえ、プログラミング学習の他にもやることが多いので、想像以上に充実した2か月間になります。

 

身に付くスキル

 

やまぐ
テックベースを通して身に付くスキルを簡単に紹介します!

 

スキル➀ : プログラミングの基礎

初めての方はまずプログラミングとは一体どんなもので、どうやってコードを書いていくのかなど、基礎的な知識を学ぶことができます。また、IT系の専門用語を覚える機会も用意されています。

 

スキル② : PHPとMySQL の書き方

掲示板の作成は PHP + MySQL を使うので、もちろん身に付きます。しかし、2か月間ではほとんどをマスターすることは難しいので、本格的にやりたい方はインターンのミッション以外にも自主的に勉強する必要があります。

 

スキル③ : ググる力と質問する力

プログラミング学習において、この2つの力はかなり重要だと言われています。特に初心者の場合、初めは分からないことだらけだと思います。自分もそうでした。

しかし、いつまでも課題に躓いていたら前に進めません。分かるようになるまでとことん調べる→それでも難しかったら分かる人に聞く→課題を解決する→また躓く→調べる…。インターンはこれの繰り返しです。

 

スキル④ : 継続する力と責任感

2か月間勉強し続けることは、予想以上に大変だと思います。自分の同期にも、何人かチームを離脱した方もいたようです。しかし、しっかりとした目標があれば続けられるはずです。

 

 

インターン終了後の特典

 

やまぐ
インターン終了後の特典を2つ紹介します!

 

特典➀ : 終了後のメンターサポート

2カ月間のインターン終了後も、任意でプログラミング学習のメンターサポートを受けることができます。継続して学習を進めたい方には嬉しい特典です。

 

特典② : 就活サポート(リクルーター)

一定のミッションをクリアし、インターンを最後までやり遂げた方に対して専属のリクルーターが付きます。

リクルーターの方には就活の相談だけでなく、企業の紹介やESの添削、選考に関するアドバイスなどを頂くことができます。

 

リクルーター経由で【インターン卒業生のみが参加できる企業の特別説明会や早期選考】に参加できます。

イベントなどの情報に関して詳しくは言えませんが、なかには企業側がインターン卒業生にアプローチするような説明会(逆求人に似たような感じ)なんかもあります。

 

就活生にとって、この特典は本当に大きいと思います。自分もかなり活用しましたし、実際にこの特典からベンチャー企業から大手企業まで4社から内定を頂きました。

TECH-BASEについてもっと詳しく知りたい方や、インターン参加への流れを確認したい方は、こちらからホームページをご覧ください。

 

やまぐ
2つともかなり質の高いサポートです。

 

 

参加してみた感想

 

僕はプログラミング完全初心者でTECH-BASE に参加しましたが、本当に参加してよかったと思っています。

理由は以下の通りです。

・継続的なプログラミング学習をする良いスタートが切れたから

・エンジニアという選択肢が増えたから

・早いうちから就活を有利に進めることができたから

・IT企業においてどんなキャリアが向いているのかが分かったから

 

正直なところ、2か月間ではプログラミングスキルは上達しません。知識が0から1になったようなものです。

しかし、プログラミング学習を本格的に始めるきっかけになりました。そして、今でも継続して学習を進められています。想像以上にきつい2か月間ではありましたが、得たものも想像以上でした。

 

プログラミング学習を始めたいと思っている人はたくさんいると思います。しかし、何から始めたらいいのか分からない人や、勉強が続かない人も多いはず。そんな人は、時間があるならとりあえずこれに参加してみてください。無料ですしね。

 

また、就活にも本当に役立ちました。こちらも想像以上。

僕はこの就活サポートを利用し、3年生の2月には内々定を貰うことができました。TECH-BASEに参加していなければここまで幸先の良いスタートは切れていなかったと思います。

 

たとえ参加してみてプログラミングに向いていなかったとしても、それが分かっただけで参加した意味はあると思います。さらに前述したように、プログラミングスキル以外にも得ることは沢山ありますし、就活も有利に進められます。

 

やまぐ
悩んでいるなら、ぜひ参加してみてほしいです。

 

 

参加するメリット・デメリット

 

メリット

 

メリット➀ : 初心者でもやり遂げられる

実は、TECH-BASE の参加者の半数以上はプログラミング初心者


自分も不安だったのでガイダンスの時に「初心者でもついていけますか?」と質問したところ、そう答えてくださいました。実際に僕のチームでも半分以上が初心者の方でした。

チームのメンバーに分かる人がいなくても、メンターの方が分かるまで手助けしてくれるし、基本的には自分のペースでミッションを進められるので、初心者の方でも安心して最後までや英遂げることができます。

 

メリット② : 向き不向きが分かる

もし、この記事を読んでいるあなたが「プログラミング初心者だけどエンジニアになりたい」と考えているなら、これだけは分かっていた方がいいと思います。

プログラミングには向き不向きがあります。楽しんで勉強してスキルアップできる人もいれば、分からないことが多すぎて勉強が嫌になってしまう人もいます。後者だった場合、エンジニアになったところで理想のキャリアは目指せません。

TECH-BASE では2か月間プログラミングと向き合うので、自分が向いているのかどうかは必ず分かります。もしそれを確かめたいのであれば、ぜひ参加してみてください。

 

自分の適性を診断したい方へ

🔻 画像をクリックすると登録できます。

🔻キミスカって?

【キミスカ】は学生がプロフィールや選考状況を開示することで、企業から特別選考のスカウトを貰うことができるサービスです。

業界最高レベルの適性検査で、自分のストレス耐性や価値観傾向などを探り、自己分析の助けにもなります。

\ あなたに合った企業が見つかる /

1分で新規登録(無料)

 

 

メリット③ : 一緒に勉強する友達ができる

プログラミングに限らず、1人で勉強を続けるのは結構大変です。相談したり質問したりできる人がいないと、継続するのはなかなか難しいものです。

その点、TECH-BASE はチームで学習を進めていくので、1人になることは絶対にありません。インターン終了後も一緒に勉強したり就活の情報を共有したりできるのは心強いと思います。

 

メリット④ : 就活を有利に進められる【最大メリット】

就活サポート参加してみた感想でも書きましたが、 TECH-BASE のおかげで就活は本当に有利に進めることができました。

なんとなくプログラミングに興味があって参加しただけだったので、正直ここまで手厚い就活サポートがつくとは思っていませんでした。びっくりです。

専属のリクルーターが付くだけでなく、特別イベントにも参加できるなんて、これ以上ない特典ですよね。初めはリクルーターの方との面談を用意してくれるので、その時に目指したいキャリアや興味のある分野などを伝えれば、それにあった企業などを紹介してくれます。ありがたいですね。

 

また、面接などの際にも、エピソードトークとして自信をもって話すことができます。自分は特に文系だったので、初心者からインターンに参加するというチャレンジ精神や行動力などをアピールすることができましたし、実際に制作したものを見せる機会もあったので、スキルを証明することもできました

 

デメリット(注意してほしいこと)

 

特にデメリットはないかなと思ったんですが、強いてあげるなら以下の2つかなと思います。

 

デメリット➀ : 決して楽ではない

TECH-BASEの内容を読んでいただければなんとなく分かると思いますが、2か月間のインターンはきついです。時間もとられます。
途中でリタイアしてしまう人も何人かいました。

無料でオンラインなので気軽に受けられるインターンではありますが、勉強する時間やチームとの連絡などの時間を作れない人は続けるのが難しいかもしれません。

 

デメリット② : 不向きなら正直きつい

当たり前ですが、プログラミングに向いてない人だったら2か月間最後までやりきるのは大変かもしれません。

プログラミングの向き不向きが分かるのは良いことですが、早い段階で向いていないことに気づきてしまった場合は正直きついと思います。

 

やまぐ
しかし、前述した通り最後までやりきるメリットは大いにあります。諦めずに最後まで駆け抜けましょう!

 

 

 

TECH-BASEに参加すべき人 

文理問わず、IT業界への就職を考えている人

文理問わず、プログラミングを始めたい人

何度も書きますが、やはりこれに尽きます。他にも参加する理由はあると思いますが、特におすすめです。

 

参加するならいつがいいのか

個人的には2年生の夏から参加し、10~11月くらいには終えるような時期が良いかなと思います。

夏休みであれば時間に余裕がありますし、短期集中して学習を進めるには丁度良い期間です。また、10~11月に終えることができれば、年内に特別選考などの予約が可能となり、年明けから就活の良いスタートが切れるのでお勧めです。

 

 

まとめ

 

今回は【プログラミングインターン「TECH-BASE」】について解説しました。

 

プログラミング学習は「自力では課題解決できない」「継続できない」というのがネックだと思いますが、TECH-BASEなら初心者にも理解できるまで教えてくれるし、課題を共有し合う仲間もいるので安心です。

とにかく、プログラミング学習を始めるきっかけを掴みたい方はぜひ参加してみてほしいです。きっと参加して良かったと思うはずです。

 

悩んでいる方、ぜひ勇気を出してTECH-BASEのホームページから説明会のエントリーボタンをポチってみてください。

やまぐ
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました!




-就活, 説明会 / インターン
-, ,

Copyright © やまぐの就活ブログ , All Rights Reserved.