就活 面接対策

就活の面接では「信憑性」が大切【内定率を上げる話し方】

これはこの記事のイメージ画像です。

 

面接で色々な経験やスキルをアピールしているのに、なかなか内定を貰えないなあ...

 

今回はこんな悩みを解決するため、
「経験やスキルをアピールするときに大切なこと」について解説します。

 

この記事の内容

・面接でアピールするときに大切なこと
・効果的にアピールできる手段

 

実際にどうすれば効果的なアピールができるのかどうかについて、具体例と一緒に詳しく解説します。

 

この記事の信頼性

筆者の就活結果 ▽

・ES通過率100%
・面接通過率96%以上
・ベンチャーから大手まで複数企業に内定

 

やまぐ
僕の就活経験を基に、分かりやすく解説していきます!

 

 

スポンサーリンク

🔻 画像をクリックすると登録できます。

🔻OfferBoxって?

【1】利用学生数16.5万人以上(※2020年6月現在・2021年卒/2022年卒 合算)
→就活生の3人に1人が登録!

【2】新卒オファー型就活サイト<3年連続>学生利用率No.1

【3】利用企業数 6,490社以上(2020年6月時点の実績)
→大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)などが利用!

【4】学生のオファー受信率93.6%(プロフィール入力率80%以上・2020年卒・2019年5月時点の実績)

\ あなたに合った企業が見つかる /

新規登録はこちら

 

 

就活の面接には「信憑性」が大切

 

面接時に経験やスキルをアピールするときには「信憑性」が大切

 

例えば就活生が、

○○のスキルなら誰にも負けない自信があります!

と自信満々に言いました。

 

これを聞いた面接官はどう思うでしょうか?

面接官
(スキルがあるのは素晴らしい!だけど、実際はどれくらいのスキルを持っているのかな...)

 

これは一例にすぎませんが、就活生の口だけのアピールでは、実際そのスキルがどの程度のレベルなのかどうかまでは分かりませんよね。

 

企業が求めている人材は、入社後に活躍してくれそうな人材です。

 

就活生に内定を出して入社してもらった後に、「あれ、この人全然仕事できないじゃないか...」なんてことになっても遅いので、より経験や知識・スキルのある信頼できる人に内定を出すのが当たり前ですよね。

 

自分ではいくら経験やスキルに自信があったとしても、口だけのアピールでは話に信憑性がないので、面接官から疑いの目で見られてしまう可能性があります。

 

やまぐ
だから面接では「信憑性」が大切なんです!

 

 

「口だけアピール」のデメリット

 

口だけのアピールでは何が良くないのか、デメリットを2つ紹介します。

 

デメリット➀ : 確かな根拠がない

 

アピールした内容に確かな根拠がないと、「本当に信頼できる人材」にはなり切れません。

 

さらに、その内容について深堀された際に、ぎこちない説明や自信のない回答をしてしまうと、本当にその経験やスキルがあるのかどうか心配に思われたり、最悪の場合嘘だと思われてしまったりする恐れがあります。

 

自信を持ってアピールしたいのなら、その自信に根拠を持たせるための裏付けや話の具体性が大切になります。

 

デメリット② : みんなできる

 

例えば、英会話スキルをアピールしたいとき。

 

日ごろから英会話を聞いたり海外映画を観たりして、楽しみながら英語を勉強しています!毎日英語に触れているので、英語力には自信があります!

 

一見良さそうな感じですが、この程度の説明なら誰でもできそうですよね?

 

就活生はその会社に入りたいと思って面接を受けに来ているわけなので、その会社が求める経験・スキル・知識があることをアピールするのは当然です。みんなそれを踏まえたうえで準備してくるものです。

 

つまり、他の就活生と同じでは不十分なんです。

 

一歩上を行くためには、やはり面接官を信用させる信憑性のあるアピールが必要です。

 

 

信憑性を高める手段

 

ここまでの内容で「信憑性」の大切さについて理解していただけたかと思いますので、僕が実際に使ってきた「信憑性の高いアピールをするための手段」を、効果が大きいものから順に3つ紹介します。

 

やまぐ
ひとつずつ解説していきます!

 

手段➀ : 「モノ」を見せる

 

面接中でも実際に見せることができる「モノ」を準備するということです。

 

これはある程度の準備や勉強が必要ですが、かなり効果ありな手段だと思います。(技術職やエンジニアのような職種であれば比較的容易に使える手段ですが、総合職や事務職だと少し難易度高めかもしれないです。)

 

僕の場合は若干IT系が多かったので、面接中にプログラミングで作った簡単なポートフォリオやブログサイトなどを見せました。

 

面接のフィードバックをいただいた際にも、「実際にスキルを証明してくれたのが良かった」といったような評価を何度もいただきました。

 

先ほどの英会話スキルを例にするなら、目に見える「モノ」ではないですが、どの程度話せるのかを証明するために、英語で簡単な挨拶をしたり、自己紹介してみたりなどすればOKだと思います。

 

あるグループ面接で英語で自己紹介した就活生を見たことがありますが、その場でかなり高い評価を貰っていました。

 

このように、自分のスキルを面接中に直接証明することができれば、かなり信憑性が高まります。まだ就活まで時間があるなら、目指す業界や職種に関連した「モノ」を見つけ、準備できるといいかもしれませんね。

 

手段② : 資格を取得する

 

資格は最も分かりやすく証明できるものです。

 

今回も先ほどの英会話スキルのアピールを例にしてみます。

 

日ごろから英語の勉強には力を入れていて、英検準1級の資格を有しております!また、TOEICのスコアも800以上あるので英語力には自信があります!

 

前回の例よりも、遥かに信憑性の高いアピールですよね。

 

これなら面接官も、就活生のスキルがどの程度のものなのかをしっかり量ることができます。

 

企業が就活生に対して資格の有無を重視しているかどうかで言えば、実はそこまで重視してはいません。

株式会社リクルートキャリアが公表した就職白書2018では、資格を重視する企業は全体のわずか8.3%とあります。

 

しかし、資格を持っている人とそうでない人との間には、少なからず信用度の差が生まれます。

 

同じことをアピールしていても、スキルに対して「資格という明確な根拠」があり、より話に信憑性のある就活生の方が、面接官は安心して採用したいと思うはずです。

 

やまぐ
目指す業界や職種に精通した資格を探してみましょう!

 

手段③ : 具体化・明確化する

 

スキルを証明できるモノや資格がない場合は、話の内容を出来る限り具体化・明確化しましょう。

 

言い換えれば、

具体的にどんな経験から、どんな明確な結果を得ることができたのか

ということを伝えるということ。

 

前述した通りで、誰にでも言えそうなありきたりなエピソード・ありきたりな結果ではダメです。

 

自分がやってきたことに自信を持って、自分にしか言えない「より具体的なエピソード・より明確な結果」を伝えられるように意識すれば、信憑性の高いアピールをすることができます。

 

ポイント

面接官に「こんな経験をしてるんだ!」と思わせるのがポイント。ありきたりなエピソードではなく、面接官の興味を引き立てるようなエピソードを考えてみてください。

 

 

まとめ

 

今回は、面接で大切な「信憑性」について解説しました。

もう一度内容をおさらいします。

 

なぜ「信憑性」が大切なのか

・企業が求めている「入社後に活躍してくれそうな人材」になるため

・アピールの内容に根拠を持たせるため

 

信憑性を高める手段

・根拠となる「モノ」を見せる

・資格を取得する

・話の内容を具体化・明確化する

 

もう一度言いますが、企業の求める「活躍できそうな人材」に近づくためには、自分の経験やスキルをしっかりと伝え、面接官に信用してもらう必要があります。

 

是非この記事を参考に、信憑性の高いエピソードを考えて面接に臨んでみてください。

 

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

 

✔ 注意点

・筆者はプロの就活エージェントやアドバイザーではないので、専門的な知識があるわけではありません。筆者が就活していた時に得た知識やノウハウ・経験を基に情報を公開しています。

・就活に「これをやっておけば間違いない」「これができれば内定を貰える」といったような確実なものはないと思っています。あくまで参考程度に読んでいただけると幸いです。




-就活, 面接対策
-,

Copyright © やまぐの就活ブログ , All Rights Reserved.